車の購入において即断即決は避けるべき

経済力がある人、お金に困っていない人ならいいんです。この車が欲しいと思ったら即断即決で購入すればいい話です。買いたいものをパッと買うのは気分もいいでしょう。

ただ、お金を少しでも節約していきたいとか、少しでも安く買いたいと思っている人は即断即決で購入というのは思いとどまった方がいいです。

そもそも向こうが最初に提示してくる車の購入金額は、ギリギリの安値であるということはまずありません。

身内や親戚といった近しい人ですごく仲が良い人がディーラーを運営していたり、担当者になってくれるというのであれば話は別かもしれませんが、他人を相手にする販売店においては「商売」が先行するものです。

車を売る側としては1万円でも高く売りたいという気持ちと、1台でも多く売りたいということを念頭に、いろいろと仕掛けてきます。
相手は「プロ」です。
こちら側が多少知識を増やして応戦しても、毎日現場で車を売り続けている人に勝つのは大変です。

車の購入に限ったことではないですが、自分でできる事をやっていきましょう。
他のディーラーをはしごして、狙っている車のライバル車ともいえる同ランクの車の見積もりをもらって値引き合戦に引き込むというのは有効ですし、単純に無理ではない程度に値引き額をこちらから掲示して駆け引きするというのもいいでしょう。
予め値引きできそうな額というのをネットなどで調べておけばより効果的です。

知識と少しの勇気で即断即決を避け、少しでも安く買えるように営業マンとやりあってみてはどでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です