ディーラーによる下取りはなぜ安いのか?

新車を購入しようと思ってディーラーで査定してもらうと、思いのほか査定額が低かったりします。
車をせっかく買い替えようと思っていても、これでは納得出来ないということがあります。

では、ディーラーによる下取りはなぜ安いのか?
この理由は、ディーラーは下取り車を、主に中古車として販売するのですが、中古車の販売ルートが弱く少ないためです。
この販売ルートが弱く少ないことで、自社で売れやすい車しか販売できなかったり、ディーラー特有の安心を売りにして販売します。
トヨタの中古車が欲しいのに、マツダのに探しに行く人なんていませんよね。
いくら中古車だからといって、ディーラーで保証無の中古車なんて購入しないですよね。
そうなると、下取り金額も必然的に低くなってしまうという仕組みなのです。

とはいえ、自分の愛車に少しでも高い値がついて欲しいのは当然ですよね?
少しでも高い額で買い取ってくれる業者を見つけるには一括査定をするのが手っ取り早いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です